デフレの今、どうしてこれは高いんですか?

牛丼250円

「牛丼250円」のCMなんかを見ると、デフレも来るところまで来ちゃったなーと思う。
私が大学生の頃(ボブル崩壊前夜)は、パーカー一つ買うにも激安店で4000〜5000円はしましたし、牛丼は500円くらい払っていたと思います。

そんなデフレの日本ですが、私の身近で「どうしてこの値段はどんどん上がり続けるんだ?」と思うものが二つあります。
一つはジーパン(若ぶって言うとデニム)。昔は高くても8000円くらいだったと思うのですが、今では2〜3万円は当たり前。ちょっといいのになると5万なんてものも珍しくありません。

もう一つはコンビニのアイス。グリコのジャイアントコーンは普通のスーパーで買うと80円くらい。
これはデフレの今、適正価格だと思うのですが、コンビニで買うと150円くらいするのです。

いったい誰が、どうしてこの価格を設定したのかがどうしてもわかりません。
24時間常に品揃えをしていないといけないので、弁当などの賞味期限が短い商品が高くなるなら理解できるのですが、アイスだけはどうしてもわかりません。

誰か理由を教えてください!

久しぶりに、徒歩で長距離歩いて筋肉痛

この間、いつもの歯科医院に通院する為外を見ると、何やら天候がアヤシイ状況になっていました。

こ、これは・・・・・・。
自転車じゃ、無理かな?

いつも私はどこかに出かける際、自転車に乗って行くのですが、外は嵐。
風雨が強くて、とても自転車で行けそうな雰囲気ではありませんでした。

参ったなぁ〜。
片道だけでも5km近くあるので、徒歩で行ったらかなりの時間がかかりそうです。
しかし、歯科医院までの道のりに丁度いいバス路線もありません。

私は意を決して、徒歩で歯科医院に向かいました。
思っていたよりも風雨が強くて、手に持つ傘が吹き飛ばされそうです。
レインコートも着てくれば良かったと、途中で後悔する程服が濡れてしまいました。

歯科医院に着いたのは、予約時間から5分遅れての事でした。
何とか辿り着いた・・・・・でも、かなりの疲労感です。
待合室で待っている間、うとうと居眠りをしてしまった程です。

治療が終わり今度は帰宅する為、また来た道のりを歩きます。
行きと同様、風雨は収まる気配無く、ビシビシと上着に吹き付けます。

帰り道は、歩きながら所々意識不明?気がしました。
寝ながら歩いていたのかも知れません。

そんなこんなで通院日が終わり、次の日の朝。
前身筋肉痛で動けません。
起きるのもやっとでした。

これは日々の運動不足が原因だと、つくづく痛感しました。
やはり、毎日少しずつ運動しないと駄目ですね。